最近「見た目若いねー」って言われます。

年下だろうなって人からタメ口でしゃべられることも多いです。ありがたいことに。若作りがんばります。

でも、僕もいいおじさんです。いや、おっさんです。

人から『おっさん』と呼ばれたり、自分のことを『おっさん』というのは全然抵抗無いんですが、『おじさん』は、ちょっと抵抗がある。ちなみに『おやじ』は、めちゃくちゃ抵抗がある。

なんでだろうと思って『おやじ』と『おじさん』と『おっさん』の違いを調べてみました。

おやじ
親父(おやじ)とは一般的には自分もしくは友人の父親を呼ぶ場合のくだけた呼称である。転じて自分の上長(ボス)や店などの主人のことを親しみを込めて呼ぶ呼称となり、さらには中年から壮年にかけての男性を親しんで、あるいは見下して呼ぶ語としても使われる。

おじさん
幼児もしくは年少の人間に対し、「おとうさん」などと同様、相手を中心とした呼び方で一人称として用いられることがある。この場合は普通「〜さん」を付け「おじさん」となる。また、年長の男性に対する呼びかけとして「おっちゃん」などが用いられることもある。

おっさん
《「おじさん」の音変化》多く関西地方で、中年の男性を親しんで呼ぶ語。

なるほど。もともと『おっさん』は親しんで呼ぶ語としての言葉だから抵抗ないのかも。あと個人的には『おっさん』より、『おっちゃん』の方がかわいい印象をうけるので好きです。

言葉を使う人にとっては悪意も好意も無いんだろうけど、言われた人からするとおっさんの感じ方は違うんでしょうね。

図にするとこんな感じだと思います。
001



年末地元に帰って老けた友人にあったら、「老けたなー」「おやじになったなー」「おじさんになったなー」ではなく、「おっさんになったなー」と声かけてあげると良いのではいでしょうか。
そうすれば比較的好意を持ってもらえるかもしれないですね!


明日もお待ちしております。

働くおっさん劇場 [DVD]
働くおっさん劇場 [DVD]
クチコミを見る