TechCrunch Tokyo 2011でドワンゴの川田さんがプレゼンされていました。
実際に行ってないけど941さんのブログに貼ってるUstでみました。おもしろかった。


全部おもしろかったんだけど、ブログで書きたい箇所がありました。

ビジネス視点をやめるという話。

「どうやって儲けようか」というビジネス視点でWebサービスを作るよりも、収益関係なくユーザーのことだけを考えたサービスを作る方がチャンスがあるんじゃないか。

そんな感じのことを話していました。


これって働き方、会社を選ぶときにも似たような考え方があるなと思うわけです。

普通はとにかく給料がいい会社や儲かる職業ということで仕事を選びたくなる。でも、面白さ重視で仕事を選ぶ方が自分の人生においてチャンスがある気がする。

年齢や養う家族がいるかどうかにもよって考え方は異なりますけどね。そりゃ稼いでたら楽だし。あくまで理想なんだけど、面白さ重視の人が増えた方が、世の中も面白くなるんじゃないかなと。


近年、空前のスタートアップブームなのか起業する人を自分の身の周りでもよくみかけます。

先日、起業を考えてそうな友人が
「起業する人の目的って『自由にやりたい』か『すごく儲けたい』の2つだと思う。」
ということを言っていました。

もし、そうであればスタートアップを目指す人たちは、「儲ける」ということよりも『自由に面白いものをつくる』ということに重視してチャレンジしてもらいたいなと思います。儲からない面白い仕事をするひとたちがんばれー。

明日もお待ちしております。