30年も生きてると元気なときもあれば、凹むときもありますね。

先日、僕が凹んでだときに先輩T元さんにもらった言葉があります。

「太陽をあびるといいよ!」

たしかに太陽の光ってすごい希望に満ちていますよね。

そういえば中島らももなんかの本で言ってた。

「僕はなんとか立ち直ろうとする。なぜなら今は朝だからだ。」

その日の夜がどんな夜かはわからないけど、もしかしたら人生最高の夜かもしれない。つまらない夜かもしれない。でも生きていてよかったと少しでも思える夜の可能性もあるから、そんな可能性を朝に、太陽に感じる。
そんな意味のようです。

その夜だめだとしても次の朝があるし。

朝は希望の始まり。ステキですよね。太陽。
たまには手のひらを太陽にすかすとよいと思います。
「えー天気やー!」とか言って。

明日もお待ちしております。

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
クチコミを見る